実行委員長 挨拶

齋田義孝 実行委員長 「第46回おたる潮まつり」の実行委員長、齋田義孝でございます。前回に引き続き、この大役を務めさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

 さて、おたる潮まつりは、「海への感謝と郷土小樽の発展を全市民あげて祈念する」をメインテーマに開催される、小樽最大のイベントです。今年で46回目を迎え、小樽の夏の風物詩として、市民や観光客の皆さんにもすっかり定着しております。昨年の第45回は、全日程で天候に恵まれ、延べ109万人もの皆様にお越しいただき、盛況のうちに幕を閉じました。実行委員会の代表としまして、多くの皆さんに楽しんでいただきましたことは、この上ない喜びです。

 そして今年の「第46回おたる潮まつり」につきましては、7月27日(金)から29日(日)までの日程で開催する運びとなっております。メイン会場は、例年同様、小樽港第3号ふ頭基部。今年の行事は、昨年中止した初日の花火大会を復活させ、初日27日の「潮ふれこみ」「大花火大会」、28日の約6000人が踊り歩く「潮ねりこみ」、最終日29日には港内を航行する「潮わたり」、市内外から集まった担ぎ手たちが街中を神輿(みこし)で練り歩く「神輿パレード」、そして夜空に大輪を咲かせる大花火大会などを予定しております。

 未曾有の東日本大震災から一年を経てもなお、その影が国内を覆い、また物騒な事件が続いて何かと暗い話題が耳に入る昨今ではありますが、多くの皆様の御支援、御協力をいただきながら、実行委員一丸となって「小樽市民そして参加されるすべての人々に "元気を与える、元気を感じてもらえる" 潮まつり」にしたいと考えております。

ドンドコザブンだドンザブン」。
さあ皆さん、一緒に「第46回おたる潮まつり」で小樽の夏を楽しみましょう!

第46回おたる潮まつり実行委員会 実行委員長 齋田義孝